【アロマの基礎知識】


アロマセラピーは自然植物から抽出されている香りを使って、
心と身体を癒し活力を与えてくれるものです。

しかし、いくら自然の優しいものだからといって、
使い方や思い込みの認識によって時には危険なものになってしまう恐れもあります。

基本的な注意点や扱うための知識を知ること・守ることを怠らなければ、
安全に楽しみながら日々の生活に取り入れることができます。

このページでは、私がアロマ講座でお伝えしているアロマの基礎知識を掲載していますので、
ぜひご覧いただき皆さまのアロマと香りのある暮らしを楽しんでいただければ幸いです^^


 

■アロマテラピー(アロマセラピー)とは?

アロマテラピーとは、自然の花や草木から採れる香り成分を使った植物療法のことです。

アロマ=芳香・テラピー(セラピー)=療法という意味があります。

その植物から採れる香りの成分を凝縮したものが、精油(エッセンシャルオイル)です。

精油を安全に使用するには、必ず植物オイル または アルコールなどに希釈して使います。



■アロマ精油(エッセンシャルオイル)について


アロマ精油は、植物に含まれる油溶(脂溶)成分を各植物に合った抽出方法で採取された
濃縮した液体状のものです。

植物油やエタノールといった油に溶けやすい性質を持つので、水には溶けず油膜として上に浮いてきてしまいます。

たくさんの植物から採取された濃縮した精油は、
粘膜や肌などにアレルギーやかぶれなどを引き起こしてしまう可能性があるため、
直接塗布や使用することはできません。
また飲用することも日本のアロマテラピーでは危険が伴うため推奨していません。

精油の使い方は、アロマ用の植物オイルや純度の高いエタノールなど希釈材に溶かして使用します。

ただし、芳香浴としてお部屋に香らせる場合は直接アロマストーンやテッシュなどにつけてしようすることができます。


 

■アロマを安全に使用するための注意事項

1:精油原液は直接肌に塗ったり飲んだりしてはいけません。
  また目に入らないように注意しましょう。
  使用する際は必ず希釈して使います。
 

2:精油は引火する可能性があるので、火気の周りでの使用は注意しましょう。
  また、高温多湿を嫌うためキャップをしっかり閉めて冷暗所に保管しましょう。

3:子供やペットの手の届かない場所に保管しましょう。 


 

■アロマが脳や身体に働きかける仕組み

アロマの芳香成分は、各器官を通って脳や全身に働きかけます。
 

鼻から

鼻の奥の粘膜や細胞に吸収され、信号として嗅覚神経を介して脳に伝わり精神的に作用します。

→芳香浴や香りを嗅いだときなど。

呼吸器から

呼吸と一緒に肺に取り込まれ、肺の細胞から血管をとおって全身に働きかけます。

→芳香浴やアロマバスにしたときなど。

肌から

皮膚表面から真皮に浸透し、毛細血管を通って全身に働きかけます。
→植物オイルに精油を希釈してブレンドしたアロマオイルでトリートメントしたときなど。